Project Description

天然酵母のクリスマスケーキ「クグロフ」

天然酵母のパン屋さんとして、カラーミーショップ大賞を2年連続で受賞するなど、地元だけでなく全国的にも有名になった王様のパンさん。こちらのパン屋さんでは毎年クリスマスの時期に天然酵母のクリスマスケーキとしてクグロフを数量限定で販売しています。

私のほうでは毎年この時期にクグロフのポストカードを制作させていただいておりまして、今年も同様にご依頼をいただきました。

今年のテーマは「影」

毎年何かしらのテーマを考えてポストカードを作っておりますが、「今年は影がいいなあ」という店主からざっくりとしたテーマをいただきました。なぜ影なのかを尋ねたところ、「ずーっとあるものには無い、ある瞬間だけ映し出される儚い白黒の世界に引き込まれる」、という芸術的な答えだったので(笑)、これまた試行錯誤しました。

そして色々な案を考えてみたところ、シンプルにクグロフだけを撮ってみたいと思いました。これまでのポストカードは下記のように小物や背景にこだわって撮影したものが多かったのですが、今年はそういったものは全て無くして、「素材だけで魅せる」という答えに行き着きました。

過去の制作例

2019年のポストカード(小物や背景にこだわって撮影)
これはこれで好き!

ストーリーの瞬間にフォーカス

そもそもこのクグロフは、熟練のパン職人の手によって丁寧に時間をかけて作り上げられ、素材のレーズンやバター、糖分などが天然酵母によって自然発酵することで絶妙な旨味となっていることから、これ以上の装飾は不要と思えたわけです。むしろ、その作り上げられるストーリーの瞬間にフォーカスしたいと思いました。

そして事前に、自宅で白と黒のそれぞれのバージョンでテスト撮影を行ってみたところ、ほぼイメージ通りの画になりました。

事前のテスト撮影

事前にテスト撮影した白と黒のそれぞれのバージョン

写真家デビューかっ!?(笑)

そして当日はテスト撮影で使ったひととおりの照明器具を店舗に持ち込んで撮影しました。まず白と黒の両方のバージョンをみてもらい、どちらがイメージに近いのかを確認して、どんなシーンが良いのかを皆で考えなら撮影していきました。

当日の撮影風景

シャッターを切るたびに感動を味わってるw

そして最終的には、粉糖を粉雪のようにかけて、工程上では最後になるシーンを撮影しました。あまりにも良い感じで撮れるので私もスタッフも皆ノリノリ!
写真に”Photo by ~”と付けたほうが良いよ~♪、とも言われましたが(笑)、クグロフへのフォーカスがブレれしまうので辞退しました(^^;)。

そうして出来上がったポストカードはお客さまから好評とのことです!嬉しい限りです!

完成したポストカード

粉糖を振りかける「職人の手」が良い味を出してます!

尚、今年のクグロフは12月10日(金)までのご注文となっております。
数に限りがありますのでお早めにご注文されることをオススメします!
https://osamapan.com/?pid=2437786

2021.11.28